忍者ブログ

年末から手が不調だった。
 
なんというか手を握ると肘のあたりが痛い。。。
 
数年前からいわゆるテニス肘もちだったので、肘バンド?を肘の少し手首寄りのところに巻いて、肘にかかる負担を減らしていたけど・・・。

力を入れようとするときにはこの肘バンドが邪魔なので(本末転倒だよ)、しばらく使わないでおりました。
 
そこに年末の家人の骨折事件で、
家人を立たせたり、
持ち上げたりを繰り返していたために、腰痛とともに肘の痛みが悪化。

+普段はデイバックで行動していたのに、
家人の通院に肩かけ鞄を3日間かけていたら首が痛くなり、
湿布をしても首の付け根が鈍痛。(やっちまったよ)

首の付け根と肘の痛みがつながった感じでだるさが・・・。

まあ、今はましになったけど、
でも肘は痛いんだよね。。。
真っ直ぐにしても痛いから、やっぱり整形外科に行かないとダメかな。。。

っていうか、早く骨折が治って欲しいなあ。。。







拍手[0回]

PR


【おはようございます】
それは辛いですね!!
どれ1つとっても辛いところに重なったのでは…

早く治ると良いけれど、時がお薬だからもうしばらくかかるのかしら!?御大事になさってください
【Re:おはようございます】
モモママさん、こんばんはー。

うーん、そうなんですよね。
どうも慢性化していて、時々痛みが強くなる感じなのです。

やっぱり受診したほうがイイでしょうか?
【辛いですね】
骨折は薬と言うよりも治癒力にかかってますからね!

やはり早くても1ヶ月はかかるかな!?
早く治ると良いですね!


月青さんも無理なさらずに御大事になさってくださいね。
【Re:辛いですね】
モモママさん、連コメありがとうございます。

骨折って骨がくっついても、その周りの部分も傷んでいるわけですから、
治るのに時間がかかりますよね。
寒いからなお治りが悪い気がいたします。

>月青さんも無理なさらずに御大事になさってくださいね。
ありがとうございます。m(_ _)m
【泣き面に蜂】
ご自分の痛みを押し殺してご家族のお世話もしないといけないのは辛い事でしょうね…
肩掛け鞄って、無意識的に肩からずり落ちないように肩を上げ気味にする気がします。
私は左肩に掛ける習慣があるんですが、ふと左肩に力が入ってる事を実感するときがありますね。
もしかしたら首の鈍痛は筋肉痛からきてるのかもしれませんが、肘の痛みはどこか傷めちゃったんでしょうか…
不安があるのなら受診されたほうがいい気もしますが…
月青さん自身もご家族の骨折etc.も、良い方向に向かいますように…
【Re:泣き面に蜂】
OGULA AZUKIさん、おはようございます。

うん、まさに泣きっ面に蜂状態ですね。

>私は左肩に掛ける習慣があるんですが、ふと左肩に力が入ってる事を実感するときがありますね。
そうなのですよ、知らず知らずに力が入っているという緊張状態が続いてコリや筋肉痛になっているんだと思います。
肩かけ鞄をたすきにかけても負担になるので、なかなか厳しいです。
重いものを持ち上げるのに腕に力が入り、肘をかばい、肩に負担がかかり、
鎖骨付近まで攣るような感覚なんですね。
湿布をしたらずいぶん楽になりましたけど、腕は毎日使いますものね~。
なかなか治りませんでしょうねえ。(もはや諦めの境地)

>もしかしたら首の鈍痛は筋肉痛からきてるのかもしれませんが、肘の痛みはどこか傷めちゃったんでしょうか…
以前、肘の痛みで整形を受診した時には、「使いすぎです。」と言われているので、
今回もそうかなああ・・・・・・・。ε=(・д・`*)ハァ…

>月青さん自身もご家族の骨折etc.も、良い方向に向かいますように…
ありがとうございます。
切に願っております。。。。
この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 5 6 7 9
10 11 12 13 15 16
18 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
[11/18 エリア55]
[11/17 鯨もん。]
[11/16 鯨もん。]
[11/16 モモママ]
[11/14 Brsoa]
[11/14 Brsoa]
[11/11 ぷっぷ]
[11/10 OGULA AZUKI]
[11/09 鯨もん。]
[11/08 モモママ]
HN:
月青
性別:
女性
職業:
趣味:
ガーデニング・編み物・ビーズ
自己紹介:
北関東在住
金魚、鯉、泥鰌、鮒,メダカ、なまず、オカメインコと暮らしています。

初めての方の、一方的なリンク貼りはお断りいたします。
不適当と思われるコメント・TB、初めての方の予告なしのTBは独断で削除させていただきます。