忍者ブログ
頭の整理を兼ねた日記です。
2017/12月

≪11月  2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01月≫
[17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7

こう暑いと、金魚を眺める時間が多くなる。
夏の風物詩に、「金魚」があるのもうなずける。

ひれを動かして優雅にターンを繰り返す様子を見ていると、涼しさが感じられるからだ。
ところで、ここ数日4歳になる金魚3匹の色が変わってきている。元々は朱色に、赤い斑点がある体色だった。3匹とも朱色だったので、斑点の位置で固体の区別をしていたのだ。
で、どう変わってきているかというと朱色が薄くなってきて金色になりつつある。体の下側、つまり胸びれや尻びれがある側から薄くなり、下が薄く上が濃いというグラデーションになっている。
3匹が3匹ともっていうのが不思議よねえ。。。何でかなあ。

他の金魚も微妙に変わってきているのかもしれないけど気が付かないだけかもしれないと反省。よく観察しなければいけない。

金魚を眺めるのには涼しさを求めるほかに、「転覆病」を未然に防ぎたいからだ。
昨年は、仕事から帰ってみると3匹が転覆病になっていてお腹を水面に出してアップアップしていた。ウチでは朝1回しかエサを与えていない。それ以上与えると必ず水が濁ってしまうからだ。ところが、昨年の転覆病が起こった日は、家人の1人が昼間エサを与えてしまったらしい。それで、水が濁り酸欠状態になったのだ。
転覆病になった3匹を他の水槽に移し、空気ポンプ等で処置してみたが2匹は次の日に死んでしまった。かわいそうなことをした。残り1匹は、何とか普通に泳げるようになり生き延びて、今年卵を3回産んだが、3回目の産卵の後2週間位たって不調になり、別の水槽に移したがダメだった。残念だった。。。

昼間、ウチに居ればいち早く処置できるのだが、なかなか難しい。知らぬ間にエサを与えられては困るのでエサの箱に「厳禁」マークをつけているが、人間が寄っていくと水面近くでパクパクするので、可愛く思えてどうしてもエサをやりたくなってしまうらしい。

しかし、水面近くでパクパクするのは本当にエサが欲しいのか???と思うときがある。
必ずしもエサを欲しいわけではないのかなあと思ったりもするのだ。そのことについてはただいま観察中。
何とか、無事に夏を越えてほしいものだ。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1
4 5 6 8
11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
とけい
カウンター
最新CM
[12/11 鯨もん。]
[12/09 アリココ]
[12/09 OGULA AZUKI]
[12/09 モモママ]
[12/08 エリア55]
[12/08 アリココ]
[12/07 鯨もん。]
[12/06 鯨もん。]
[12/04 鯨もん。]
[12/04 ケイ]
フリーエリア
プロフィール
HN:
月青
性別:
女性
職業:
趣味:
ガーデニング・編み物・ビーズ
自己紹介:
北関東在住
金魚、鯉、泥鰌、鮒,メダカ、なまず、オカメインコと暮らしています。

初めての方の、一方的なリンク貼りはお断りいたします。
不適当と思われるコメント・TB、初めての方の予告なしのTBは独断で削除させていただきます。
果樹育成
安心でおいしい贈り物 お中元はセコムの食で!
ブログ内検索
最新トラックバック
アーカイブ
最古記事
アクセス解析

Copyright © みづきうさぎの徒然 All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]