忍者ブログ

どぜう

夏の暑さで心配なのは、生き物のこと。

この暑さでは、人間より体が小さい犬や猫はとてもつらそうだ。

水の生き物もしかり。
ウチでは、ホームセンターのペットショップのように
冷房完備というわけではないので、
室温が上がれば、水槽の水温が上がる。

もともと金魚などは、水温が高めの方が元気。
でも、エサの分量をほんのちょっとでも大目にしてしまうと
水が濁りやすくなる。

水質が悪くなる前に、水の交換をするのが理想。

水の交換をするのに、金魚はともかく
ドジョウはね、協力的じゃない・・・。

アミから飛び出して、床の上をにょろにょろ~。
おいおい!
ちょっと、ちょっとーなどとひと騒ぎ。

傍から見ると・・・・・・、
「いいなあ、どじょうと遊んでるう~。」
違うよ、真剣。




綺麗な水でほっと一息。
アップが撮れました。






拍手[1回]

PR


ちっちゃい 真ん中の黒い線のようなものが稚魚

なんというか、言いたくないけれど、
暑い。

空にうす雲がかかった晴れなので、
暑い空気がこもっている感じ。
無風だし・・・。

雷来ないかなあ・・・・・。
雨オトコは帰っちゃったし・・・。

我が家の黒メダカがめでたく卵を産み、
めでたく孵化している。
数えたところ、15匹以上いるらしい。(早くて数えるのをあきらめた)

この暑さにもかかわらずよく卵を産んだなあと感心。
何とか無事に育ちますように~。


暑いと、文章が短くなるのは私だけかな・・・・・。


拍手[0回]



悩んだ末に

ストレス解消を兼ねて、
足しげくペットショップに行っていた私。

今年は、金魚が卵を産まなかった。
どうやらいつも卵が産まれる水槽にメスがいなくなったらしい。
他の水槽の金魚も一緒にすればメスがみつかるかもしれないけれど、(オスに追い回されるから)
管理面から無理なので、一緒にできない。

なにか、生き物が飼いたいなあと
金魚、ドジョウ、ベタ、いもり、錦鯉、熱帯魚全般などなど・・・・。
特に錦鯉の稚魚には気持ちが動いていたのだが、
「おかあさん、錦鯉は大きくなるの。」
「ハイハイ」
「大きくなったら水槽で飼えないよ!」
「ううううーん、そうかあ・・・。」
「錦鯉好きなんだけどなあーー。」
「知っているけど、ダメなの。庭に池でもなくちゃかわいそうでしょ!」
ちぇっ、冷静な娘だ・・・。
ふうんだ!

ベタも、アリココさんが飼っているのをみて、
心を動かされて気に入ったのを何回も見に行ったら、
購入した方がいるとみえて、あえなく没。

娘が、
「メダカが良いよー。」
という。そういえば、モモママさんが育てているわーと・・・。
娘が一緒に面倒を見てくれるというので、
黒メダカに決定。
悩んだ末に、黒メダカを買ってきた。

早くて写真に撮れないけど、♂+♀で6匹いるのだ。
眺めていると飽きないわー。
メダカも居心地が良いと思ってくれればいいなあ。



 

拍手[0回]



金さんが

金さんの入っている水槽の水が、
いわゆる「青い水」になっていた。
こんなに青くなったのは初めてというくらい青い。
水面からは金魚の姿は見えないし、
ガラスに寄ってきた時のみわかる感じ。

いくら青い水が金魚の体に良いとしても
限度があるだろうし、
それに、以前から調子が悪かった1匹の金さんの姿が
今日は見えない。

青い水を検索してみたら、
水面から金魚の姿が見えるくらいの濃さがよいというのを参考に
今朝、水換えを決行。

3分の2水換えをしようとしたけど、
例の金さんが死んでいたので、
すべての水を交換した。

やっとお互いに姿が見えたので、
こちらに寄ってくる。

青い水は濃すぎると「過酸素」になってしまうんだそうな・・・。
で、藻を大量に入れて、
日差しよけを水槽の半分にかけて様子を見ることにする。

今年は1度も卵を産んでいない。
青い水のせいか、
それともメスがいなくなったか・・・・・。
昨年は育たなかったし、まあ元気ならいいや。



 

拍手[0回]



どじょう

おおっー!
いやいや、無事だったかー。
ドジョウ9匹、金さん1匹~。

やーーーっと、
重い腰を上げてドジョウの水槽の掃除をした。

啓蟄のころの水換えは緊張の一瞬!
個体が減っている時があるからだ。

冬の間は、
いつも半冬眠状態のようになっているのだが、
やせ細ってしまうので、
今冬は少しエサを与えていた。

エサを与えていたせいか、
大きくなっているわー。(正確には太った?)
何やらひげも立派になっているなあ。

推定17才のドジョウたち。
マドジョウやら、シマドジョウやらである。

金さんが1匹入っている。
初め金さんは、4匹いたのだが、
1匹はすぐ死んでしまい、
2匹はもらわれていき、
残ったのがこの1匹。

ドジョウと相性が良いらしくて、
どんどん大きくなり、
いつもそばに寄り添っている感じ。

気温が低かった時が多かったので、
金さんのウロコやドジョウの皮膚の状態が心配だったけど、
傷もないみたいだし、
元気で良かったー。

暖かくなるから、
マメに水槽のお掃除をしなくては・・・。





拍手[1回]



新入りのドジョウ2匹を、チビ金さんの水槽に入れて
様子をみていたのだけれど、
しばらくすると、
突然不調の予感。

慌てて、食塩浴で様子をみていたが、
拉致があかずに、薬浴。
日に日に状態は悪くなり、3匹とも亡くなってしまった。。。
がっくし・・・・・。
かわいそうなことをしてしまった・・・。
冬どころか数週間ともたないなんて・・・。

うーん、原因がわからない。
突然、状態が悪くなり、その後あっという間に・・・・・。
新入りさんが何かの病気か寄生虫をもっていたというのが
一番考えられるのだけれど、
新入りを入れる場合は、食塩浴・薬浴をしてから
水槽に移すようにしている。
この期間が短かったのかな・・・。
これで、ダメなら新入りを入れる場合は他にどうしたらいいのか・・・。

今まではうまくいっていたけれど、
元からいる生体とは一緒にしないほうがいいということは確かみたい。
あー、仲が良かったのに。。。

拍手[0回]



2、3週間前に、ホームセンターへ行ったついでに、隣接するペットショップを
覗いてみた。
犬・猫・うさぎ・ハムスター・鳥あれこれ等のほうではなくて、
魚類
チビ金さんに合うような小さな金魚はいないか~~?

いない!
商品の入れ替え時期かどうかわからないけれど、
フツーの金魚が数えるほどしかいない。
ランチュウ・たんちょうはいたけど、コメットはいないし、
微妙な大きさの金魚が数えるほど・・・。
その代わり、めだかは多かった。

がっかりしたけど、いろんな魚を見るのは好きなので、
ベタをみてちょっかいを出したり、
熱帯魚コーナーで和んでいたりした。

そこで、目にとまったのが、ドジョウ。。。
ホトケドジョウ、シマドジョウ、マドジョウと3種類も揃っているではないかーーー。
ヒドジョウもいれば、完璧だったなあ・・・。
それにしても、値段が違う。ホトケとシマは1匹300円!!(@@;)
マドジョウは100円なり~。
迷わずマドジョウだな。(ひげが10本)
値段が安いというのもあるけれど、
ウチで飼育しているドジョウはほとんどマドジョウなので、
相性から考えてもマドジョウに軍配があがる。

で、2匹買ってきました。
チビ金さんの水槽に一緒に入れまして、今のところ無事。
昔から3匹一緒にいたような雰囲気になっている。
朝食の時間が一番動きが面白くて、
ずーっとみていますが飽きないわ。。。

1匹は活発で、もう1匹はちと動きが鈍い。
どちらも食欲は旺盛なので、
この冬を越せればいいなあと思っている。
冬眠させると痩せてしまうし死んでしまったりするので、
普通に過ごさせるつもり。
うまく、過ごせますように。。。

拍手[3回]



いやあ、今朝は怖かったです。

何が?
からす・・・・。
ここのところ、やたらにからすが活発。
今までよりも目に付く。
体が黒いから、やはり夏は暑くて身を隠しているのだろうか・・。

今日はいつもと違う道を通って出勤。
いつも通る道は、車の台数が多いし、スピードを出してビュンビュン飛ばしているので疲れるから
車の運転に気がのらないときには、違う道を通ることにしている。
その道沿いは、今日が「燃えるゴミ」の回収日だったらしく、
きちんとしていないゴミステーションでは、からすが暗躍中だった。

そのきちんとしていないゴミステーションで、からすが5,6羽猛烈に食べ物の取り合いをしている。
車道にまで出て、取り合いをしている。
何とかよけて、通り過ぎてほっとしたら、
ひとつのエサを取り合いしているからす2羽が、もつれ合いながら、
突然、私の車のボンネットすれすれに低空飛行してきたのだ!

黒い大きな鳥2羽が、翼を広げて争いながら車のまえを、進行方向に飛んでいるのだ。
ヒッチコックの鳥じゃあるまいし・・・。

あー、心臓に悪い。
おもわずブレーキを踏んじゃったけれど、
あれで、後ろに車が接近していたらアウトだったなあ。
今頃、3度目のムチ打ち騒ぎだったろうし・・・。
全く勘弁して欲しい。。。

いつにもまして、安全運転を心がけたのでした。
かつおこれなあんだ??

答えはねえ、かつおのタルタル風です。
かつおの刺身を包丁でたたいて、しょうが汁、ねぎ、お味噌を混ぜこんで
丸くまとめて、てっぺんを少したわませて、鶉の卵を載せました。
焼いても美味しいです。

拍手[0回]



いちばん小さい金魚は元気である。
さっき測ってみたら3.4センチなり。

3年未満だった金魚がこの小さい金魚を残して全滅してしまったので、
水槽に1匹。
連れ合いが、
「1匹じゃ可哀想じゃない?」
という。
うーん、まあそうなんだけど、もう1匹真面目に買ってきても、
一緒の水槽に入れるのが怖い。
この場合の「真面目に買ってくる」は、
金魚すくいではなくペットセンターに行って、これはと思う金魚を物色し、
「これだ!」という金魚を選んだら、お店の人にすくってもらって買うという意味です。
3年以上の金魚の水槽とどじょうの水槽は、別のところに置いてあるのだが、
そこに、この小さい金魚の水槽を置くスペースはないので、
人の出入りが激しい洗面所に,1つぽつんと置いてある。

このままの方が、長生きしそうな気がする。新しく買ったとしても、別の水槽に入れて
2つ水槽を並べて、お互いが見えるようにするとかね。お見合いのように。

人懐こい金魚なので、1匹じゃないほうが良いとは思うのだけれど、
今のところ踏ん切りが付かない。
1匹選ぶのも、これが結構大変。
何匹も買うならそうでもないかもしれないけれど、1匹だと特に失敗したくないので
気を使うのだ。
それに、水槽を増やしたくないという事情もある。
水替えが結構負担なのだ。

でも、新しい金魚も魅力だし・・・・・・・・。
迷いの秋に突入か・・・。

拍手[0回]



ウチにいるどじょうは、14,5年前に連れ合いが実家の近くの川ですくってきた。
元々連れ合いは、食べるためにすくってきたのだが、娘に猛反対されて、断念。
私におはちが回ってきたのだ。

当初は、どじょうが30匹くらい、他にぎんぎょややつめもいたのだけれど、自然消滅してしまった。
最初は、水槽からダイビングして床でミイラになっているのが多かった。気づくのが早ければ水槽に戻すのだが、床の上でほふく前進したりして、隙間に入ってしまったりするとお手上げだ。

こんなに長生きするとは思わなかったのだが、すこしずつ減ってきて今は9匹である。
たまに、もらったどじょうを入れても、しばらくすると9匹になっているのでどじょうを足すのは止めている。
すくってきたころからすると、長さも太さも大きくなっている。

どじょうといえば、学生の頃の話だ。
専門学校に通っていた時、お昼はお弁当を4人で食べていた。
その中の1人のR子の家が農家で、どじょうの味噌汁が美味しいんだよと話していた。

そんなある日、R子がお弁当にどじょうを持ってきたのである。
四角いお弁当箱は、仕切りで2:1の割合に2つに分かれていて、大きい方には真っ白いごはん(我が県の米どころの米)、小さい方に湯通ししたどじょうがそのままの形で入っていたのである!

いやあ、インパクトありすぎ。
どじょうの顔がねえ、あるんですよ。。。

それで、我々3人に食べてみないかとすすめるのだが、私は食べられなかった。
1人勇気を出して(と本人は言っていた)、食していたが、
目をつぶって食べたら何を食べているかわからないなあ、なまずに似ているとか言うのだ。
もっと、一般的な比ゆをお願いしたいんですけど・・・・・。
なまずだって私は食べたことがなかった。(そのころは)

友人たちに不評だったので、R子はそれからお弁当には入れてくるのはやめた。

ウチで優雅に泳いでいるどじょうたちを眺めていると、
やっぱりたべられないなあ。。。

拍手[0回]



06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 4 5 6
9 11
14 17 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
[07/16 鯨もん。]
[07/13 鯨もん。]
[07/13 鯨もん。]
[07/12 ぷっぷ]
[07/10 鯨もん。]
[07/10 OGULA AZUKI]
[07/08 鯨もん。]
[07/03 brosa]
[07/03 鯨もん。]
[06/29 鯨もん。]
HN:
月青
性別:
女性
職業:
趣味:
ガーデニング・編み物・ビーズ
自己紹介:
北関東在住
金魚、鯉、泥鰌、鮒,メダカ、なまず、オカメインコと暮らしています。

初めての方の、一方的なリンク貼りはお断りいたします。
不適当と思われるコメント・TB、初めての方の予告なしのTBは独断で削除させていただきます。